軽自動車税の増税の検討が決定しましたね。 😥

消費税率を10%に引き上げる際に、自動車取得税を廃止することは

すでに決まっており、代わりの財源を確保する観点から、2015年4月以降に

軽自動車の新車を購入した人に限り、軽自動車税を増税するとのこと。

現行7,200円 → 増税後 10,800円

近年、軽自動車と普通車との性能差が小さくなっているとして、

総務省が軽自動車税の引き上げを求めていたようです。

1年後に制作するチラシやDMに掲載する場合、原稿校正時には

注意が必要ですね。

 

詳しいニュース原稿はコチラ!

2013年12月6日 – 総務省と財務省は6日、消費税率が10%になるまでに、軽自動車を持つ人に毎年 かかる軽自動車税を、現行(年7200円)の5倍か2倍に引き上げる増税案などを 自民党税制調査会の幹部会議に提示した。

1時間前 – 【大津智義、鯨岡仁】自民、公明両党は11日、軽自動車を持つ人が毎年自治体に 納める「軽自動車税」について、2015年4月以降に買う新車(自家用四輪)を対象に、 現行の5倍となる万800円に増税する.