最近、ガソリンの値下がりについてのニュースが続いています。
消費者にとっては、ありがたいことです。
 
資源エネルギー庁から調査を委託されている石油情報センター(https://oil-info.ieej.or.jp/)によりますと、
2月2日の時点で、レギュラーガソリン小売価格は1リットル当たりの全国平均で134.3円。
前週に比べて1.9円値下がっており、ガソリン価格は原油価格の下落傾向を受けて、去年7月中旬から28週連続で値下がり、
今週の平均価格は平成22年12月以来4年2か月ぶりの低水準です。
ガソリン安の影響もあってか、1月に開催されたデトロイトのモーターショーでは、業界を牽引していたエコ車よりも、
新型ピックアップトラックやスポーツ車に話題が集まっていたとか…。
 
もちろん、原油安は今後、日本での自動車消費にも好影響を与えると思いますが、
まだまだ自店の周辺地域に折込配布等を行うチラシ販促では、【低燃費/エコ】自動車を訴求した方が
【集客】を一番の目的とした場合には一般ウケして無難かと思います。
ただ、御社の販促PRツール(チラシやDM)を制作する際には、このような微妙な顧客意識の変化も感じ取っていくことも必要です。