スズキが、人気の軽商用車『エブリイ』と軽乗用車『エブリイワゴン』を全面改良し、
2月18日より発売開始しました。
 
【スズキ ニュースリリース】  詳しくはコチラ!
 
 
新型エブリイは、クラストップのサイズを確保。
さらに荷室床面地上高を650mmに下げて荷物の積載性も向上させた。エンジンはNA・ターボともに吸気VVT機構を採用したR06A型エンジン。
クラストップの低燃費20.2km/リットル(PA・GA 2WD・5AGS車・JC08モード)と力強い走りを両立。

新型エブリイワゴンは、軽乗用車トップの2240mmの室内長をはじめ、クラストップとなる1420mmの室内高(ハイルーフ車)、1355mmの室内幅を実現。

さらにロングホイールベース化とリヤシートスライド量の拡大により、クラストップの1080mmの前後乗員間距離を確保。
エンジンはR06A型ターボを全車に搭載。
ターボエンジンに合わせトルク容量を最適化した4ATとの組み合わせで、クラストップの低燃費16.2km/リットル(2WD車・JC08モード)と軽快な走りを両立。
また、クラス初となる衝突被害軽減ブレーキをはじめとする先進安全技術も採用。

今後の売れ行きが楽しみな軽自動車ですね。