今週はチラシ制作のコツを掲載する予定でしたが、ここ2日間
ブログ掲載お休みしました。大変失礼しました。

 

で、今日はその続きを書こうと思っておりましたが、ちょっと予定変更!

 

弊社の近所で起こった自動車盗難事件について書こうと思います。

 

今週水曜日、近所のガソリンスタンドに給油に行くと、店長が一言!

 

「昨晩、近くのマンションの立体駐車場からランクル2台が盗まれたらしい!
○○さんも盗難対策を絶対しなきゃダメだよ~!」

 

実は、弊社もランクル所有しており、会社建物横の平地駐車場にいつも停めているので
それをご存知の店長さんがすぐアドバイスくれたのです。感謝!

 

翌々日には、こんな警察からのチラシが…

ランクル盗難2015.317

 

結局、名古屋市西区内で、3/17(火)の一晩で4台のランクルが盗まれたようです。
昨年から、ランクルを狙った被害が多発しているようなので、オーナーさんは要注意ですね。

 

それにしても、これは計画的な犯行ですね。
無性に腹が立ちます!

 

が、今日私がお伝えしたいのは、その憤りではなくて、チラシ制作に必要なポイントの一つ…。

 

上記写真のチラシは地元警察の方が大至急で制作したチラシだと思いますので、スミ1色のWordで作成したような感じで、決してプロが作ったようなデザインではありません。
でも、これは地元住民の方々に向けた「主張」が詰まっているインパクトのあるチラシであるということ!

 

盗難情報をタイムリーに伝え、その防犯対策を写真入りで掲載し、注意を促す!
これを見た方々は、特にランクルオーナーさんは対策を講じようと即座に感じたと思います。
当然私もそう思いました!

 

インパクトのあるチラシとは…、
決して色がカラフルとか、デザインが綺麗、賑やかということではありません。

 

 

ただ、販売する車を掲載するだけでは、お客様にインパクトは伝えられません。

 

「今回のチラシでお客様に一番に伝えたいことは何か!」
「それをどう伝えるか!」

 

これを毎回、しっかりと考える事がチラシ制作の一番のポイントです。

 

●チラシをどう制作したらいいか全くわからないという方、
●最近、チラシの集客効果が薄いと感じている経営者様、
●いつも同じようなデザイン、最近マンネリで代わり映えしないとお悩みのチラシ担当者様
●そもそも何を掲載しようかいつも迷うという方
●自分のお店の特徴の伝え方が毎回しっくりこないな~という店長様
等々…。

 

お気軽に弊社窓口まで

 

フリーアクセス(通話無料) 0800-200-7030
※携帯電話・PHSからは TEL052-532-0007