答え

原則として、若干の予備をおつけする形となりますが、場合によりおつけすることができないこともございます。印刷の刷り出しにおいて弊社色基準まで調整を行う際、多くの場合、損紙が発生します。(これが予備に相当するものとなります)そのため、お付けできる予備の有無および数量については印刷の難易度等によって変わってまいります。